work_line
Kazumi Kazumi

MESSAGE

メッセージ

取締役社長

武本 一美

ビジネスにおいても、日常生活においても、現代は便利でスピード感のあるネット社会が主流です。
そんな現代社会において、当社は「face to face」にこだわり、「対面営業のみ」というスタイルで業務を行っています。
私たちの生活を豊かにするツールとして、インターネットや多様なコンテンツは必要です。
しかし、生活、ビジネス、コミュニティ、その全てが帰属するところは「人」。
人としての信用が人間関係の礎であり、「信用」なくしてはお客さまの有用な資産形成は成し得ないと考えています。

福井県は温かく堅実な土地柄です。
その豊かな土着性が「縁故を大切にする心」を育み人とのつながりを支えています。
株なども縁故からの勧めや情報で購入する方も多いでしょう。
しかし株式や投資は複雑であり、日々変動します。そのためリスクが伴うのも事実です。

私たちも土着の豊かな気質をしっかりと受け継ぎ企業体質として反映しながらも、証券業界のプロとして、
そして人として、縁故の方々以上に信頼し選ばれたいと思うのです。
また、小・中学生向けの金銭教育や講師活動など、企業としての社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。
金融・経済という実体を掴みにくいものだからこそ、顔の見える関係、温もりあるビジネスを構築したい。
そして福井のお客さまの利益を第一に、地域に根付いた企業であり続けたい、そう考えています。

people

常務取締役
(内部管理統括責任者・総務部長)

森下 豊

みなさんは大切な資産の運用を相談したいと考えたとき、どんな人に相談したいと思うでしょうか?
お客さまは私たちよりも経験豊富であったり、多様な人脈をお持ちの方も多く、本物を見極める目をお持ちです。そんなお客さまに選ばれるために必要なことは「信用」以外の何ものでもありません。
そのため、社員一人ひとりの「意識」・「人間性」がとても重要であり、トップはじめ経営陣は、社員と気軽にコミュニケーションを取れる関係性を築き、お客さまに「信用」していただける社員の教育に取り組んでいます。また、一人で抱え込まず、互いにフォローアップできる社内環境も重要であり「仲間の話を聴いてあげられる人」を育てることも大切にしています。

当社に転勤は少なく、社員はずっと福井の地で仕事をします。そのためお客さまとの距離が近く、安心感を持っていただけることが大きなメリットです。また、お客さまと膝を突き合わせて話すことで、リアルな声や地域ならではの情報を得ることができ、それを会社に反映することができます。それは地場証券会社ならではの強みといえます。

だからこそ私たちの責任は大きく、日々勉強し研鑽を積み、自信を持ってお客さまに提案できるプロであること、そして福井のお客さまと長く信頼関係を構築できる人間性が求められるのです。
私たちはお客さまの利益、喜びが第一。お客さまにずっと笑顔で豊かな生活を送っていただき、生涯のお付き合いをしていくことが私たちの願いです。

people

三津井証券が求める人物像

「人が好き」、
「福井が好き」。

そう言える人を求めています。

当社は福井で生まれ、福井に育てられてきた企業。だからこそ福井に貢献したいと考え、地元福井での採用にこだわっています。求められる資質はいたってシンプル。人が好きであること、福井が好きであること。
それは人との触れ合いやコミュニケーションが好きであること、「この人のためにしてあげたい」と素直に思える心や、人の気持ちを理解しようと寄り添える心、何事にも前向きに取り組むバイタリティなど、つまりは「人間力」があるかどうか、そこに尽きるのです。

chat-icon

コミュニケーションが
好き

heart-icon

誠実で素直な心

person-icon

何事にも前向きなバイタリティ

知識は会社で教育すればいいこと。お客さまの大切な資産運用を安心して相談できるかどうかの判断基準は、知識や情報の多さではなく、人として信頼できるかどうかなのです。当社はUターン、途中入社、全ての方に対し常に門戸を開いています。一人の人間として、誠実で人間味あふれる福井の人材を求めています。