証券用語集

●あ行


相対売買【あいたいばいばい】 売買の当事者同士で、価格・数量・決済方法を決めて取引する方法。
投資家から注文を受けた証券会社が、自ら売買の相手となって取引することがほか、証券会社同士が売買するときに行う。
アクティブ運用【あくてぃぶうんよう】 日経平均株価やTOPIXなど、市場の平均をあらわすベンチマークを上回るような、高いパフォーマンスをめざして積極的に運用する手法のこと。
※現在、随時更新中

ページトップへ戻るページトップへ戻る